半々生活な日々

日々思うこととか、アイドルのこととかつらつらと。

欅坂46の躍進と、アイドル業界に与える影響

 

最近、欅坂の勢いを非常に感じます。

 

私はドルオタDDなので、一般層にリーチする形での躍進かの確証は持てませんが、デビューシングルの売上やメディアの扱い、ネット掲示板SNSでの話題性等を見ていると、完全にその流れが来ていると思います。

しかし、私はあまりこの状況を良いこととは捉えていません。

別に決して欅坂が悪いというわけではなく、この状況を生み出してるという事実がアイドル業界のターニングポイントを示しているのではないかと思うからです。

 

「アイドルブームはオワコン


そういった文言はアイドル戦国時代まっただ中の2010年代初頭から散々語りつくされてきましたが、色々な変容はありながらも現在まで熱気を保ったままアイドルブームは続いていると思います。*1

今回の欅坂の躍進もそういったアイドルブームの流れの延長線上ではないかといえば、それも見方によっては間違っていないのかもしれませんし、私が懸念してることも特に全体に影響を及ぼさない可能性はあります。

しかし、どうしても気掛かりなことがあり、それがアイドルブームの終焉を指し示しているのではないかと感じているので、以下で解説していきたいと思います。

 

 

アイドルの成長物語はもう不必要?

 

現代アイドル文化を支えてきた最も重要な要素は「ストーリー消費」だと私は思っています。


言うなれば、普通の女の子や売れない芸能人の卵たちが様々な試練を乗り越えていく過程で発生するストーリーの積み上げがあるからこそ、その子たちはアイドルになり得るのではないでしょうか。

そしてファンの人たちは、そのストーリーを実際に同じ場で体験したり、ネット等の情報や動画で追体験することで、そのアイドルにより強い輝きをみて、よりハマっていくというのがスタンダードな流れだと思います。

いわゆるビジュアルメン*2のファンについても、ファンになる入り口はそうであったとしても、ほとんどの人が上記のようなストーリーを上乗せすることによって、より強い思いを持つファンになっていってるのではないかと思います。

このような絶妙なファン囲い込みのシステムが、現代アイドル文化が持続的にブームを維持してきた要因なのではないかと私は考えているのです。

 

しかし、このようなストーリー消費に依存したシステムには欠陥もあります。それは、ファン層と一般層の間の乖離がより激しくなるということです。*3

アイドルブームが到来した後、AKBを筆頭にマスメディアに多く進出するようになり、先ほど述べたようなファン層以外の一般層も意識してグループ運営することが求められました。

おそらくここで運営が取った施策で上手くいったのは2種類。

それは、一般層を今まで通りの手法でファン層に引き込みやすい、内面を押し出してキャラを認識してもらう「バラエティアイドル路線」の施策と、一気にファン層まで引き込まなくても短時間での訴求力が非常に高く広く認識されやすい「ビジュアル・ファッション路線」の施策だと思います。


この「ビジュアル・ファッション路線」施策が1つのキーになるのですが、当初はその施策を取っていた運営も上記のビジュアルメンのファンが辿るフロー*4を想定していたのではないかと思います。

ですが、そのグループが一定の知名度を超えた場合、わざわざ「ストーリー消費」に誘導してファン層に転化しなくても一般層が売り上げに貢献することがわかり*5、「ストーリー」の組み上げにリソースをあまり費やさない純粋な「ビジュアル・ファッション路線」を指向するという選択肢が生まれたのではないでしょうか。

そして、この路線をグループ単位で本格的に採用するようになったのが、最近の乃木坂46であり*6、その妹分である欅坂46なのです。

 

 

欅坂46の躍進で突きつけられた事実

 

欅坂46は2015年8月21日に結成され、まだ1年も経たないうちにデビューシングルを発売、シングルチャートで1位を獲得し、女性アーティストデビューシングル売上枚数で歴代1位も獲得しました。

しかし、その間に数々の試練を乗り越えるストーリーがあったのか、そしてそのストーリーをファンの人達と共有出来たかというと不十分だと思います。

同時期結成のNGT48と比較すると、各メンバーの内面的な人柄などをうかがえるような露出や、ファンとの接点も圧倒的に少ないです*7

ですが、欅坂46は躍進しました。これは紛れもない事実です*8

 

この事実は、今まで「ストーリー消費」がスタンダードであった現代のアイドル文化を根底から覆すことになりかねません。

「ストーリー」の積み上げは、時間・人・お金・コンテンツ量等、非常にコストがかかりますし、なによりアイドルにとっても肉体的・精神的負担がかかります。そのコストを捨てても良いのであれば、運営もアイドルも容易にそれを捨て去るのではないでしょうか。

別に現代アイドル文化を根底から覆しても特に問題はないのでは?という見方もあるでしょう。ですが、それは「ストーリー消費」によりコアなファン層を量産することによって持続的にブームを維持させてきた今のアイドル文化を捨てて、ライトな一般層向け文化に書き換えるということであり、それは過去のマスコミ主導のアイドル文化の衰退を踏襲することになるだけではないでしょうか。

『まあそれも既定路線、問題ない』と言うならばそれまでですし、そもそも「ストーリー消費」自体が陳腐化しつつあり、どのみち変革が必要ではないかという意見もあるでしょうが、私はもう少し今のアイドル文化をファンとして持続的に楽しみたいと思っていて、それこそが既存のアイドルオタにとって最も良い答えなのではないかと思っているので、この今の状況を危惧しているということを最後に述べておきたいと思います。

 

P.S

ちなみに、私自身欅坂の事はとても好きですし、「けやかけ」もちゃんとチェックしていてなんだかんだハマっています(笑)。4/30の全国握手会にも参加予定ですので、そこでまた何か気づきがあれば書きたいと思います。

あと、乃木坂展望もがんばります。(今年の1/3が終わろうとしてるけど…)

 

 

*1:48G、乃木坂46やスタダ系、そして地上地下アイドルが集まるフェスなどのライブ集客力はいまだに高い水準で、坂道シリーズやAKB本体の握手会は盛況、地下アイドルも依然多数存在しておりイベントも多い。

*2:相対的に容姿が良いとされるメンバー。オタ視点というよりは一般的に良い容姿であると認められそうなメンバーを主に指す。

*3:いわゆる「AKB村」のような問題。村内人気と村外人気が乖離する。

*4:結果的にビジュアル以外のストーリー的要素も重視するより濃いファンになること。

*5:正確には既存マスメディアは過去の経験からそんなことは知っていたが、そこまでスムーズに持っていく道筋をただ掴めていなかっただけだとは思う。

*6:乃木坂結成当初からそういったコンセプトはあっただろうが、実際はAKBに近い従来のストーリー組み上げ方式に引っ張られてたと思う。

*7:NGT48は結成直後から握手会での交流、年初より連日の劇場公演や、SNS等でのオフショット、バックステージショットの公開など、ストーリーになり得るコンテンツが豊富だった

*8:飽和状態の乃木坂46からファンを誘導したから、という裏事情はあるが、そんな内情をわざわざ今おもてだって伝えられることはないでしょう。ある意味そういった事情をうまく利用して、結成当初から一定の知名度を獲得し、この状況を作ったということでもある。